2017.2.24 []

「ほぼ日」のコンテンツ・マーケティング

「ほぼ日刊イトイ新聞」を運営する株式会社ほぼ日が3月中旬にジャスダックに上場されることが決まったと新聞各社が先ごろ報じた。「ほぼ日」の代表は、言わずと知れたコピーライターの糸井重里氏であり、彼のような著名な広告人、文化人が経営する会社が上場を果たすこと自体稀有なことであるため、ネット上でも大きな話題となっている。

若い仕事仲間に糸井重里の代表作について聞いてみたら、知らないという答えが続き、驚いた。当然かもしれない。「不思議、大好き」「おいしい生活」などの名作コピーが世に出たのは80年台前半。彼らはまだ生まれてもいないのだから。私は糸井氏のコピーライターとしての才能以上に、プロデューサーとしての先見性や知性にかねがね敬服している。彼が「ほぼ日新聞」を立ち上げたのは1998年。その年のインターネットの普及率は13.4%(「情報通信白書」より)最大128bpsの常時接続サービスが一部の企業向けにサービスを開始したばかりだった。そんな時代に彼は、きっぱりと広告の仕事に見切りをつけ、まだ海の物とも山の物ともつかぬインターネットを自らのビジネスの主戦場とすることに舵を切ったのだった。

糸井氏がやり始めたのは、インターネット上の壁新聞を作ることだった。当時、ブックマークして、実際に(ほぼではなく)毎日更新されるページを読んでいたのだが、何のためにこんなサイトを作っているのか私には全く理解できなかった。でも、その内容はすこぶる面白かった。まだブログも一般化していない頃に、こんないわば私的なお遊びのような内容を堂々と掲載しているサイトは他にはなかったからである。評判が評判を呼び、サイトへのアクセス数はうなぎ登りに伸びた。主な読み物は「今日のダーリン」と題された糸井氏によるエッセイだ。これは毎日読まねばならなかった。何故ならその日のうちに消されるからだ。(後に書籍として発刊される)そのうち企業家やタレント、文化人を相手の対談やインタビューなど、ページの内容もどんどん充実して来た。

しかしながら、(これが彼の戦略家としてすごいところなのだが)いくら人気が出たり、中身の値打ちが上がっても、「ほぼ日」は広告をとったり、閲覧を有料化することは一切なかった。ただ一つ、彼がやったことは、サイトを見るために集まって来た人たちに向けて、オリジナル商品を作って、売ったのである。その代表が「ほぼ日手帳」だ。「ほぼ日手帳」はサイトが誕生してから3年後の2001年に開発されている。つまりはじめから戦略として織り込み済みだったのだ。それ以来、この商品は読者の声を採り入れて改良につぐ改良を重ね、今も人気商品として「ほぼ日」の収益の大半を支えていると言う。

さて、ここまで私は「ほぼ日」を説明するのに「コンテンツ」という言葉をわざと避けてきた。賢明な読者の皆さんはもう既に私の言いたいことに気づいておられるだろう。そうなのだ。「ほぼ日」のやっていることは今日最も進んだマーケティング手法の一つと目されている「コンテンツ・マーケティング」そのものだったのだ。念のため、ここで「コンテンツ・マーケティング」の生みの親であるアメリカのContent Marketing Instituteによる定義をここで引用しておく。「コンテンツ・マーケティングとは、適切で価値ある一貫したコンテンツを作り、それを伝達することにフォーカスした、戦略的なマーケティングの考え方である。見込客として明確に定義された読者を引き寄せ、関係性を維持し、最終的には利益に結びつく行動を促すことを目的とする。」

http://contentmarketinginstitute.com/what-is-content-marketing/

 

「コンテンツ・マーケティング」という言葉が日本で流布するずっと以前から、いや恐らく、アメリカでもその概念が生まれる以前から、糸井重里氏はインターネットの特性について「頭から血が出る」ほどに考え抜き、後に我々が「コンテンツ・マーケティング」と呼ぶことになる戦略的なマーケティング手法に行き着いた。また、10年ほど前から、「ほぼ日」を上場させることを考え、準備が整った昨年、社名を「株式会社東京糸井重里事務所」から「株式会社ほぼ日」に変更している。そして今回株式公開を果たした。

糸井重里、現在68歳。上場は彼の引退を飾る花道であろうか。稀代のビジョナリーであり、経営者である糸井氏の今後の動向が気になる。

*「東京糸井重里事務所」から社名変更された「株式会社ほぼ日」のロゴ。デザインは佐藤卓氏。

photo_05@2x

 

 

2016.12.2 []

AI vs Branding ?

先日(11月25日)の朝日新聞に、国立情報学研究所の新井紀子教授が「AIの弱点は『意味の理解』」と題した、興味深い記事を寄稿していた。新井さんは「東ロボくん」と名付けたAIに大学受験に挑ませるというプロジェクトをやっている先生だ。「東ロボくん」は今年ついにMARCHや関関同立と呼ばれる難関私大に合格可能性80%と判定された。いずれ東大にも合格するかもしれない。

新井さんは自問する。AIが東大に入るような日が来たら、その時人間は労働から解放されて幸せになるだろうか。新井さんは否定的だ。AIから得られる富を地球上の全ての人に平等に配分されるような仕組みができない限り、経済格差は広がるばかりだろう。(ITが社会に導入されて以来、経済格差が広がり続けているように)新井さんの予想はこうだ。2030年に現在のホワイトカラーの仕事の半分はAIに置き換えられる。

新井さんの生徒は「ではなぜ、私たちの仕事を奪うかもしれないAIの研究をするのですか」と彼女を責める。彼女はこう答える。「私がやめても世界の企業や研究者はAIの研究をやめはしない。ならば、 AIの可能性と限界をきちんと見極め、対策を取ろうではないか。AIには弱点がある。それは彼らが『まるで意味がわかっていない』ということだ。」と。

Anthropocentric series. Backdrop of human face and design elements on the subject of technology, science, education and human mind

Branding is Meaning。私はブランディングとは何かと聞かれてこう答えることが多い。「ブランディングとは意味を創り出す行為ですよ」と。「(その商品を)買う意味」「(そのサービスを)受ける意味」「(その会社に)入る意味」意味を創り出し、一貫してその意味を伝え続けるのがブランディングだ。だとすれば、ブランディングとはAIが最も不得意とする、即ち最も人間的な行為ではないか。

新井さんはこう寄稿を締めくくる。「みなさんは、どうか『意味』を理解する人になってください。それが『ロボットは東大に入れるか』を通じてわかった、AIによって不幸にならない唯一の道だから」

ブランディングに携わっている皆さん。ご安心ください。

近い将来、AIが職場に侵入して来ても、あなたの仕事だけは大丈夫ですよ!

2016.10.13 []

「マリメッコというブランド」

現在、西宮で開催中の「マリメッコ展」。

グラフィックとテキスタイルとファッションのデザインが本当に親密に正三角形を形成していた、古き良き時代。ジャクリーヌ・ケネディのあのサックドレスもマリメッコだった。1963年の「ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン」紙はマリメッコの服を「インテリのユニフォーム」と呼んだ。スミスやラドクリフの女子大生がこぞって服を買い求め、それが「ライフ」誌を飾った。こうして、60年代のアメリカでマリメッコのブランド神話は確立した。

ブランディングについて言えば、1952年にマリメッコのロゴを何人かのデザイナーに依頼した創業者のアルミ・ラティアは、提案されたデザイン案がどれも気に入らずに却下。その時たまたま側にあったアメリカのインテリア誌に使われていたオリベッティのタイプライターの書体に魅せられ、それをベースにいまのロゴの前身が創られたと言う。

シンプルで普遍的なものこそが時間と境界を乗り越えることができる。そのことを熟知していたアルミの知性と先見性。そして、アルミのビジョン通り、マリメッコはファッションからアクセサリー、食器から室内装飾に至る、文字通りのライフスタイルブランドとして、グローバルにその力強く、ポジティブなブランドの世界を広げていくのだった。

西宮大谷記念美術館で2016年11月27日(日)まで。

maromekko2 marimekko